薄毛を引き起こす3つの原因と改善するための生活習慣とは!?

shutterstock_65950003

 

頭皮や毛髪のトラブルに関して、遺伝のせいだと諦めていませんか。

抜け毛や薄毛でお悩みの方にとって頭皮に悪い影響を与える原因やその症状がどういうものか知りたいというのは当然のことだと思います。

今回は、薄毛や抜け毛の原因と症状を4つに分けて紹介します。

さらに改善策についても調べましたので、どうぞご参考ください。

 

薄毛の原因1、生活習慣の乱れ

・タバコ

タバコは、薄毛の原因となる血行不良を引き起こします。

 

・睡眠不足

睡眠を取ることで成長ホルモンが多く分泌されます。

特に22時~深夜2時にかけての4時間は最も重要な時間だと言われており、しっかりと睡眠時間を確保することが大切です。

 

・アルコール

少量のアルコールは健康に良いとされています。

しかし、量が度を超すと「眠れなくなる」「糖分が増える」といった症状を招き、結果的に頭皮に良くありません。

 

改善策

・禁煙

・睡眠時間の確保

・摂取するアルコール量の調整

 

薄毛の原因2、ヘアケアの影響

・紫外線

紫外線は直接触れると、頭皮の老化を招いて頭皮のトラブルとなります。

 

・頭皮の汚れ

きちんとキレイに洗えていない、もしくは正しい洗い方ができていない場合も薄毛の原因となります。

 

改善策

・紫外線対策を含めたしっかりとしたケア

・髪の毛は一日一回、夜にしっかりと洗う

・洗いすぎに気を付ける

・朝シャンはしない

 

薄毛の原因3、遺伝の影響

最近では遺伝による薄毛のことを男性型脱毛症(AGA)と呼び、

前髪や頭頂部の薄毛で悩む20代や30代男性のほとんどは、これが原因だと言われます。

AGAは男性ホルモンの影響によって薄毛が生じることで、家系に薄毛の方がいれば遺伝によってその体質を受け継ぐ可能性があります。

 

改善策

・有酸素運動

有酸素運動の後は、筋肉を形成するために男性ホルモンが働くため

 

・AGA改善薬

以前にAGA改善薬に関する記事でも述べましたが、薬品に含まれる「フィナステリド」と「ミノキシジル」などがAGAの改善に効果が見られます。

 

shutterstock_208579027

 

AGAによる薄毛は特別な処置が必要?

以上が薄毛の原因とその改善策です。抜け毛を防ぐために血流の改善や頭皮環境、食生活の習慣を意識することで一応の効果は期待できます。

ですが、3つ目の原因として挙げたAGAに関しては特別な処置を施す必要があります。

AGA改善薬が有効ですが、すでに髪の毛が無くなった箇所から毛髪が生えることはありません。

AGAの可能性があれば、自毛植毛の専門医院にご相談することをオススメします。