治療は困難なの?薄毛の原因となるAGAのメカニズム!

shutterstock_169843991

 

「生え際部分が後退した」

「最近抜け毛が増えてきた」

「髪を切った訳ではないのに短い毛が抜ける」

そういった症状が見られる場合は、もしかしたら男性型脱毛症(AGA)が原因かもしれません。

最近では、20代や30代の男性の方を中心に症状が見られるAGA。

食生活や生活習慣を正しても、AGAによる薄毛を改善することは困難と言われています。

今回は、若い男性の大敵となっているAGAのメカニズムを紹介します。

 

AGAとはどういうもの

男性型脱毛症と呼ばれるAGAは生え際が後退しておでこの面積が広くなるM字型はげやU字型はげや、頭頂部の髪の毛が薄くなるO字型はげの原因となっています。

AGAが一度発症してしまうと年齢や栄養バランス、生活習慣に関係なく抜け毛が増えて薄毛が進行していきます。

また市販の育毛剤やシャンプーを使っても改善は困難です。

さらにAGAは抜け毛を増やすだけではなく髪の毛が育ちにくい環境を生み出し、残っている健康的な髪の毛まで脱毛させてしまいます。

 

AGAが発症するメカニズムとは

一般的に男性ホルモンがAGAの原因として挙がっていますが、男性ホルモンの多さから発症するという訳ではありません。

男性ホルモンが、薄毛の原因と言われるジヒドロテストロンに変化されることでAGAが発症します。

ジヒドロテストロンが脱毛のスイッチを入れてAGAを発症し、健康的な毛髪に届くはずの栄養をストップさせて毛が抜け始めるのです。

毛根近くの皮脂腺から分泌される5aリダクターゼという酵素が、男性ホルモンをジヒドロテストロンに変化させる作用があり、これが男性ホルモンと影響し合うことでAGAが進行するのです。

 

AGA対策に大切なのは

AGA対策に大切なのは、5aリダクターゼをどのように制御するかということ。

5aリダクターゼを抑え込むには一般的な育毛剤やシャンプーだけでは困難で、亜鉛や「ノコギリヤシエキス」と呼ばれる成分が有効だと言われています。

また既にAGAが発症している場合は、ミノキシジルやフィナステリドといった成分が含まれたリアップやプロペシアが有効です。

 

shutterstock_371788846

 

AGAは発症すると治療が困難?

AGAは一度発症してしまうと頭皮の環境や血行不良を改善しても関係がありません。

またAGAの改善薬が有効なのは毛が残っている部分だけです。

一度脱毛してしまうと治療するのは難しいのです。AGAによる薄毛に悩む方は自毛植毛を検討された方がいいかもしれません。